[HD]スキー場で笑顔の告白? ジュンジェBest30⑨ 日本語訳

2/06/2017

09/Best30 青い海の伝説E06


ジュンジェの笑顔が最大級キュンキュンのこのスキー場!
今すぐスキーに行きたくなった方も多かったかも(^^♪



初雪を見たかったというシムチョンを、ジュンジェはスキー場へと連れ出した。
ブーツもジュンジェがはかせてやり、二人はゲレンデに立っていた。

ジュンジェが滑り方を教えている。
「止まるときは…!」
 説明を聞かずにシムチョンが先に滑り降りてしまった。

シムチョンは、あまりの早さに叫んでいる。
「どうやったらとまるの〜〜!!!!」
止まる方法を知らない。

「A字だよ!A字!!!!」
「A字ってなによ~~~きゃ~~~」
「ホ・ジュン・ジェ~~~~~~」

ジュンジェがゲレンデを滑り降り、シムチョンの先回りをして向かい合って立つ。
板を脱いで両手を広げてシムチョンを抱きしめる体制をとる。


 「どいて、どいて、どいて~~~」
叫ぶシムチョン。

しかしジュンジェはひるまず、シムチョンを全身で受け止めた。

抱き合ったまま雪の中を転がるふたり。

しかし2人は笑顔だ。
声を出して笑っている。

「俺が今助けたって分かってるか?」
「分かってるわ」

「じゃ、一つだけ俺に言われたとおりにしろ」
「何?」

「そのさ、俺、確認したくてさ」
「うん」

「お前、この言葉言ってみろよ」
「何?」

 一瞬ためらうジュンジェ。
そしてつぶやく。

「サランへ・・・・・」

愛してる。

それは、溺れて海岸に打ち上げられた時聞いたような、
あのいつも心に響く女性のことば…。


リアルで視聴していた方は一斉に叫び、ついに告白しちゃったのかと思いましたよね。
違ったんですよ~~
比べてみたかったんです、記憶に残る女性の声とシムチョンの声を。
あ~~~びっくりした。

シムチョンが退院することを言い渡された時にはすでに
「家へ帰ろう」
って言ってますから、言葉にしなくてもジュンジェの気持ちはバレバレですけれど。


[HD] E06 Legend of the Blue Sea 161201 6-8 投稿者 leeminkiss916 その、退院シーンは次のBest30⑩にて紹介しますね!


青い海の伝説第6話の詳しいあらすじとCapはこちらから → LBS E06









Share this

Related Posts

Previous
Next Post »